大腸癌の治療を始める前に色んな検査を受けてきましたが、治療に必要なお金って結構な金額になります。

保険適用され3割の負担で済みますが、それでも手痛い出費。

高額療養費制度を使って還付されますが、高額の医療費は立て替えるだけでも大変です。

そんなときには『限度額適用認定証』を準備するのをおすすめします。

Sponsord Link

大腸癌患者の心配は余命だけではなく費用も!

患者や家族が心配なのは癌のステージや余命だけではありません。

これまでCT、MRI、PETや腎シンチをやってきましたが、PETや腎シンチは高額な検査でした。

そして、癌は治療に入る前の検査から闘病生活が始まっています。

健康保険の適用になるので3割の負担で済み、ひと月の医療費が高額になれば高額療養費制度の適用になりますが還付を受ける前に立て替える必要があります。

そんな時に助かるのが『限度額適用認定証』の発行です。

限度額適用認定証
※国保の限度額適用認定証

限度額適用認定証とは簡単に言うと本来なら窓口で医療費の3割を負担するところを、高額療養費制度の限度額までの支払いで済む制度です。

例えばある患者さん(標準報酬月額30万円、総医療費100万円、自己負担3割)の場合

認定証がない場合は30万円の支払いとなりますが

認定証(年収約370~770万円)があると限度額が87,430円になります。

その差額約21万円以上の立て替えをしないのは大きく助かります。

ぜひ入院前に取得しておく事をおすすめします!

Sponsord Link

国保の限度額適用認定証は即日交付できる

限度額適用認定証』の発行ですが依頼先は持っている保険証によって申請先がかわります。

会社などに勤務している方は保険証に記されている『健康保険組合』や『健康保険協会』へ申請しますが、たいてい会社の総務に頼めば手続きをしてくれると思います。

国保の方は各市町村の窓口で手続きが出来ます。

限度額適用認定証の申請

持ち物ですが私の住んでいる地域では認定証を発行して欲しい人の『健康保険証』と『印鑑(スタンプ不可)』でした。

地域によって違いがあると思うので先に電話をして確認すると二度手間にならずにおすすめです。

ちなみに、『限度額適用認定証』は即日交付してくれました!

認定証の対象期間ですが7月31日まで有効でした。

これは『限度額適用認定証』は所得によって金額が変わるのですが、その計算時期の影響のようです。

税金などは毎年計算し直し6月くらいに確定するので、前年のデータを計算し直すと8月に切り替えの時期になるそうです。

『限度額適用認定証』は煩雑な手続きが要らないので、これから癌の治療を始める方はぜひ取得をしてはいかがでしょうか!